--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1110-dcecf283
2011
05/25
Wed

新宿区高田馬場のさくら湯さんを詣でた

残念なことに、あさって27(金)で廃業するとのこと。

ほかにも近々廃業の銭湯が何軒かあって、寂しくも悲しくもなる。できるだけ回っていきたい。


フロント、脱衣場、風呂場は白基調で、とても明るかった

フロント、脱衣場、風呂場は白基調で、とても明るかった。中普請はここ数年のことのよう。廃業の理由は設備老朽化のほかにありそう。

風呂絵はなし。そういやビル銭、マン銭で絵師さんによる風呂絵がある銭湯は珍しいのかもしれない。100軒強巡って、ようやく今ごろ気がついた。

入口手前右に風呂桶・腰掛けを置いたスチールラックがあって、その隣に水風呂。そしてサウナへの入口がつづく。サウナは別料金で550円…これは正直僕には高い。
フロントで女将さんから勧められるも、丁重にお断りした。

先客は幼女を含む計5人。入浴していたあいだ、一瞬僕ひとりになったときがあったものの、客の入りは常時だいたい5人くらいだった。風呂からあがり脱衣場で服を着ていると、近くの早大理工の学生か、賢そうな男子3人が連れ立って風呂に入っていった。

湯船は奥と壁に沿ってL字型。左から深風呂と浅風呂があり、設備は浅風呂にジェットバス・ボディジェット・でんき風呂といった具合。

お客様へ さくら湯店主

浅風呂の湯温はまぁ常識的な温かさ。幼女もバッシャバッシャ浸かって、泳いだり、潜ったりできる程度。

一方、深風呂はまさに熱湯だった。熱いのは上っ面だけかと桶でかき混ぜるもまったくの無駄。
湯の表面から湯気がわさわさ立ち上っていたし、底のほうを覗き込んでみれば、湯がぐらぐら煮えたぎっているのがわかった。
最後だしいいよね…と盛大に水埋めをするも、それでも浸かることができたのはせいぜい腰までだった。

やがて入ってきた兄ちゃんがわんさかわんさか水埋めしてくれた。その兄ちゃんが浸かり終えて、いざおいらもと浸かってみれば、そりゃ肩まで入ることはできたけれど、浅風呂に入っているのと変わらないくらいのぬるさでワロタ。

気になったことといえば、カルキ臭がしたこと。
塩素臭は嫌いではないけれど、カルキ臭はちょっと苦手。お遍路をしていて臭いが気になったのはこれが初めてだ。

建物の上層階はおそらくマンション。ただ人が住んでいるような感じではなかった

建物の上層階はおそらくマンション。ただ人が住んでいるような感じではなかった。

さくら湯さん、永いあいだ、お疲れさまでした。。。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1110-dcecf283
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。