--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1285-39ee6568
2012
02/14
Tue

120214_01

File1 : 三宮 湯あそびひろば二宮温泉

フロント式。別料金のサウナ、水風呂あり。半露天スペースにあった風呂は温泉。

湯船が小上がりになっていて、その小上がりでおっさんがかけ湯とあわせて体を流す、いわゆる「関西式」を目の当たりにして、思わず感嘆をあげてしまった。

このあとうどんツアーで訪れた銭湯はどこも小上がりを備えていました。

閉店時間に迫られて、慌てて入浴したため満喫するまでには至らず、残念しきり。


120214_02

File2 : 高松 にしき湯

番台式。サウナ、水風呂あり。

薬湯の色は蛍光系の黄色。入ると薬湯のセオリーどおりのぬる湯。
これはなんの薬湯なるぞ?と匂いをかいでみれば、ほんのりアンモニア臭がしたものだから、これはたまらんとすぐに出てしまった。

奥壁面と外壁に沿ってL字型にカランが並んでいた。

髪を洗い、風呂で体をほぐしていると、上半身に紋々を入れた兄貴肌のチンピラとガリガリ子分、ピザ子分が入ってきた。

兄貴と子分がサウナに入り、熱さたまらんとばかりに出てきたガリガリがサウナから出てくるや否や盛大にコケた。

こちとら風呂に入りながらモロにその場面を見ていたわけだが、失笑するどころか「おいおい大丈夫かよ」とつい気遣ってしまうほどのズッコケ方だった。
兄貴はさすが、サウナにそこそこ長いこと入っていた。

120214_03

File3 : 徳島 昭和湯

番台式。奥に6人ほどが入れる広々としたサウナと外気浴ができる休憩エリア。

サウナ入口にはおふろマットを小分けしたクッションがあった。タオル代わりに敷いてくれとの配慮なのだろう。サウナは無料。

薬湯・水風呂あり。薬湯は宝寿湯、かなりの熱湯っぷりだった。
バイブラとジェット2基を備えた風呂もまあまあ熱め。

2人入るには狭いくらいの大きさで、しかししかけも何もない風呂はぬる湯だった。
レバー式のショルダーマッサージが珍しかった。

カランは外壁に沿って10基。間に口ゆすぎ用の飲用水コックがあったのがこれまた珍しかった。

住宅街の真っただ中にあるだけあって、ほかの客は皆、ツーカーで話せる仲。
その会話に聞き耳をたててみたが、方言がきつくて、何を話しているのかまったく聞きとれなかったw

客の数は絶えず10人ほどだったから、カランの数が足りず。分けあって使った。

120214_04

File4 : 徳島 新宮温泉

フロント式。サウナ、水風呂あり。サウナが広大で、10人は余裕で入れるほどの広さ。僕が今までに行った銭湯で、最大のサウナではなかろうか。そのサウナは無料。

薬湯・塩風呂、ショルダーマッサージ、でんき風呂。深・浅風呂。

外壁に沿ったカランには作りつけで座る造作があった。

背中一面に紋々を入れたピザヤクザにシャワーをかけてしまったおっさんが、そのピザに入浴の始終睨まれていてワロタ。つーか、怖ええよ。

120214_05

File5 : 十三 宝温泉

番台式。カラン数は30基くらい?ロッカーも50個くらい?

風呂場も脱衣場も相当な広さだった。

サウナは別料金。風呂場の外にあり、いったん脱衣場にあがって入るレイアウト。

水風呂がほかの風呂よりも敷居が高く、入ると腰の上まで浸かる深さ。でんき湯、スイッチ式ボディジェット、寝風呂を備える風呂の湯がそれほど熱くなかったから、水風呂を攻略するのに難儀した。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1285-39ee6568
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。