--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1402-1c37d036
2013
01/30
Wed

BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(1)

いくらポタリングとはいえ、
いくらせいぜい週1ないしは週2しか乗らないとはいえ、
6年ちかくも履いているとこうなるという事例。


BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(2)

後輪は気持ちいいくらいに台形。小径ゆえ、短距離でもいっぱい回転するから、その分減りは早いのでしょうね。

それほど気合を入れて走ったりいないので、サイドの溝はしっかり残っている。しかし、経年変化による硬化のためか、触ってみてのゴム感は皆無。あたかもプラスチックかのよう。

去年のサイクルモードの帰り道に車道から歩道へ移る際、ほんのちょっとした段差を乗り越えられず、スリップしてそのまま盛大に落車した。

以前なら弾性とグリップで軽くいなしてくれたはずだったのに…これは危ない、交換しようと思い立った次第。

BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(3)

一度、ガラス片を踏みつけて、スローパンクを起こした記憶がある。

他にパンクの記憶といえばもっぱらチューブが起因だった。ステルビオがいくらパフォーマンスモデルとはいえ、耐パンク性能はそれなりにあったのではないかと。

BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(4)

それも乗り方にもよるのでしょうが。
ポタリングの速度域であれば、路面の状況把握も容易なわけですしね。

パンク対策といえば、空気圧管理はマメにしていたかと。パンク対策というよりは、週1、下手をすると月1で乗ることもざらだったので、乗る前の空気圧チェック、つまり圧管理は必須でした。

ひとしきり乗って帰ってきて部屋に入れるとき、折りたたむ前にタイヤを濡れ雑巾で汚れや付着物を拭い落としていたことも、結果としてパンク対策になっていたのかもしれない。

BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(5)

ふと気になって、ビートを切ってみた。ワイヤービードだったか。それにしてはタイヤのはめはずしでそれほど難儀しなかったな。

BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(6)

そんなシュワルベ・ステルビオをリピートしたくても、とっくに廃盤。

後継扱いのコジャックにしてみましたよ。

コジャックはケブラービードなので、折りたたまれての箱入り。そういやステルビオは行ったショップに見かけたのを買って即、お店の人に交換してもらったけな…。

シュワルベのマラソンやマラソン・レーサーは重さが気になって、今回は選びませんでした。(マラソン・レーサー:280g、コジャック:185g)

パナレーサーやIRCは日本のメーカーということで、あまり食指が動かず。よっぽど好評であれば俎上に上げたかったが、僕が調べるかぎりではあまり…。値段もお高いし、いいことなし。

BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(7)

お値段といえば、このコジャックはAmazonで1本3990円でした(定価は5040円)。先週末、大阪を訪れたときにウエパーで手に入れる算段としていたものの在庫切れでご破算。帰京したその日にAmazonをチェックしたら、5本在庫中とのことで即ポチった次第。

たとえウエパーにあったとしても4200円ていどらしく、災い転じてなんとやら。

BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(8)

コジャックはステルビオに比べて、気持ち太めに見える。スペックどおり。

さっそく家から東京駅・丸の内まで、往復25kmちょいを走ってみた。

もっとも印象に残ったのは走りがマイルドになったこと。
とにかく跳ねなくなった。それまで砂とまでは言えない微小な小石など、弾く、ないし踏み越えていたのに、コジャックではゴムそのものがつぶれて小石を包み込んで乗り越える感じがする。

適正空気圧がステルビオの10BARちょいから8BARに下がっていることがその寄与として大きい?それにしては、踏み出しはステルビオ同等の軽さですよ。

交換のきっかけとなった段差を乗り越えるときの不安感はもちろん一掃。これだけで換えた甲斐があったとひとり走りながらほくそ笑んでしまいましたよ。

BD-1、6年ちかく履いたシュワルベ・ステルビオをコジャックに換えた(9)

丸の内では、日ロレから214270を引き取ってきました。持ち込み理由のリューズを回したときの渋さ、きしみ感。これらの原因は帯磁によるものだそうな。

帯磁…なにか磁石的なモノって、あったっけか?と思い巡らして、はっと気がついた。

ロードバイクのケイデンス用に買った強力ネオジム磁石があった!

僕を接客してくれた日ロレの長身なのにロリ顔おねいさんがやはりロレックスをしていて、曰く「女性用のバッグに口を締めるのによく磁石を用いたバッグがあって、満員電車でそれらバッグと接してしまって帯磁することがあるんですよ」。

気をつけよう。


Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1402-1c37d036
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。