--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1432-d574ba58
2013
05/07
Tue

群馬県桐生市の三吉湯さん(1)

右から流れる文字!


群馬県桐生市の三吉湯さん(2)

このような洋館風立て構えの銭湯はもはや都内にはないです…。

群馬県桐生市の三吉湯さん(3)

群馬県桐生市の三吉湯さん(4)

店に入るとすぐ右にフロント兼キッチンカウンター。

そう、ここ三吉湯さんは食堂も兼ねているのです。風呂を堪能しつつ、こちらでご馳走にもなろうと、東京からのサイクリングの道中、まともに食事をとらなかった僕でした。

群馬県桐生市の三吉湯さん(5)

脱衣場の引き戸を開けると、ご常連と思しき爺様方が風呂上りに愉快そうに歓談中。

群馬県桐生市の三吉湯さん(6)

東京から自転車で来たことを告げ、記念に写真を撮りたく、店主のお兄さんに伺っても怒られないだろうか相談してみた。

群馬県桐生市の三吉湯さん(7)

「そういうことなら」と爺様直々に店主の方に了解をとってくださった。

群馬県桐生市の三吉湯さん(8)

男湯全景。桶はケロリン。島カランにカランなし。

群馬県桐生市の三吉湯さん(9)

風呂絵を描かれたのは中島師。2010年の銘。富士山と能登見附島の想像上の風景。

向かって右が深風呂、左が深風呂。湯温は肌にピリピリとくる一歩手前の熱さ。「熱ければ、どんどん埋めればいい」と爺様方からありがたいお言葉をいただいた。

しかし、僕は一見の客。水埋めは入りっぱなだけに遠慮しておいた。湯に浸かろうとするたびに、傍らにあった板で、湯をかき混ぜた。

肌をすぐさま赤くするその熱さが、肩まで浸かれば4ヶ月ぶりのロングライドで硬くこわばった全身の筋肉をゆるゆるとほどいてくれるかのよう。熱さが、つまるところ快感でした。

群馬県桐生市の三吉湯さん(10)

女湯も見させていただいた。

風呂絵は赤富士だった。風呂場は男湯よりもなんとなく清潔感が漂っていた。脱衣場はこれはもう男湯を圧倒して綺麗だった。完璧に整理整頓されていた。

群馬県桐生市の三吉湯さん(11)

群馬県桐生市の三吉湯さん(12)

店主さまはその以前の風呂絵を写真におさめられていた。上が男湯、下が女湯。

それにしても風呂の湯の澄みきり具合が素敵だった。店主さま曰く、井戸水を沸かして、かけ流しているとのこと。湯は湯船中央の口から絶えず注ぎでていた。僕と後からきた客、せいぜい3人がいっせいに入ると、湯船から湯があふれ流れ出るから、湯が淀むわけがないですよ。

1時間少々、湯を堪能したら、どうしようもなく腹が減った。

群馬県桐生市の三吉湯さん(13)

群馬県桐生市の三吉湯さん(14)

焼肉丼を作って頂いた。お肉が丁寧に焼かれていて、香ばしくもあり、脂がのっていてジューシー。噛めばほろほろと肉が崩れ、あっという間に平らげてしまった。

群馬県桐生市の三吉湯さん(15)

群馬県桐生市の三吉湯さん(16)

群馬県桐生市の三吉湯さん(17)

名物の逸品「ウォークいーとソースカツ」。明朝の朝食用にテイクアウトでこしらえてもらったのに、この日の寝床のネカフェで、ついつい気になって寝る前に食べてしまった。

ボリューム満点で満腹度は120%。ぐっすり熟睡に寄与したのでした。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1432-d574ba58
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。