--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1442-b661529f
2013
05/27
Mon

墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(1)

廃業との話はTwitterで知った。しかし、その旨の貼り紙はなかった。
広く知らしめることなく、ひっそりと店を終えたかったから?


墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(2)

風呂絵は立山連峰を望む風景だった。「立山あおぐ特等席」の銘があった。

風呂は浅風呂と深風呂。朝風呂には底に熱帯魚のタイル絵があった。

深風呂側の壁には配管破損で湯が減る旨の貼り紙がしてあった。この配管故障の具合によっては、閉店の日取りを早める可能性も…と聞き、別件で有休をとった先週金曜日に僕は慌ててやってきたのでした。

実際のところ、1時間ちょいの入浴時間でタイル1個分、湯が減ったような。

墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(3)

客は常連の爺さん連中ばかり。6、7人ほど。僕が入っているあいだにお遍路さんは2人ほどが出たり入ったりした。

湯の温度は熱湯を覚悟していたが、常識的な熱さ。40度くらい。常連の爺さんどもは「ぬるいぬるい」と連呼していた。しかし、この週のあたまはひざ下すら湯に入れることが無理筋な"沸騰風呂"だったらしく、爺のひとりが「あれはない」と憤慨していた。

墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(4)

まだまだこの付近には風呂なしの借家が多いらしく、常連の爺さんどもはこれからどこの風呂屋に行こうか、それが雑談のメインテーマになっていた。

墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(5)

カランは女湯との壁と膝の高さほどの島カランのみ。外壁にそってカランはおそらくあったはず。しかし、それは取り払われ、代わりにいい具合の高さの腰かけ(?)がしつらえてあった。

墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(6)

湯に浸かってはその腰かけであぐらをかいてひと休み。すき間風が火照った肌をやさしく冷やして、至極心地よかった。天井や壁は厚塗りされた白いペンキが小さく剥がれかけ、その小片と影で一面まんべんなくまだら模様になっていた。

墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(7)

脱衣場。
女湯との敷居の上には巨大な松ぼっくりを吊り下げた手作りの造作があった。

体重計はこれまでの銭湯では見かけなかった形状。町の電器屋の広告があった。薄型ブラウン管テレビとか、月賦で…などと書かれていた。

墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(8)

島ロッカーの上にはあったのは2つの水槽。そのひとつの水槽には異様に大きく育った金魚がゆうゆうと泳ぎ、もうひとつにはかわいらしいほどに小さい魚がうようよと、そしてガラス面にびっしりとタニシが貼りついていた。

墨田区押上の第二香藤湯さんを訪ねて(9)

c.f. 第二香藤湯|銭湯のご紹介|立山あおぐ特等席が"お江戸の銭湯"にあったのか…

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1442-b661529f
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。