--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1478-32b3fc7a
2013
07/20
Sat

以前から気になっていた紺色の「いらっしゃいませ」ののれん

90分の筋トレの後、トレーニングルームからの帰り道。
以前から気になっていた紺色の「いらっしゃいませ」ののれん。

意を決して、こののれんをくぐってみた。


店内がいかにも化粧プリントな、木目調の壁・天井で、そして調度品がいちいち昭和の佇まい

店内がいかにも化粧プリントな、木目調の壁・天井で、そして調度品がいちいち昭和の佇まい。
どういうわけか心踊る僕。

モツ煮とメシ、お味噌汁をいただいた

モツ煮とメシ、お味噌汁をいただいた。
それぞれ、200円、150円、50円で計400円。安すぎる。

使いこまれた金属製のお膳、器がやはり昭和のそれ。

モツがじっくり長く煮詰められたのであろう、箸でほろほろと崩せるほどに柔らか

モツがじっくり長く煮詰められたのであろう、箸でほろほろと崩せるほどに柔らか。モツならではのコリコリとした歯ごたえはごくわずかに残っていた。味噌がどっぷり染み込みつつも、くどさはなかった。モツの臭みはほんのりかすか。特有の臭みが苦手でな人もこれなら食べられるだろう。

味噌汁の具は角切りにしたとうふとナス。びっちりとお椀の底まで入っていた。

こんなに素敵なおかずたちだもの、ご飯を大盛りにすればよかったよ。

不思議だったのはメニューが壁にも、テーブル上にもなかったこと。
お膳を下げるついでに、そのことを割烹着を着たおばちゃんに尋ねてみた。

なんでも厨房前のコーナーに種々の料理を一皿一皿並べて、客は各々好きな料理を選んで取っていく方式

なんでも厨房前のコーナーに種々の料理を一皿一皿並べて、客は各々好きな料理を選んで取っていく方式とのこと。
店(ランチ)が始まるのが11:00。待ちわびた常連が料理を奪い合ってとっていくというから、僕が暖簾をくぐったのがだいたい12:45頃で、それでは料理なんて残ってないわな。

常連はこの近所さんばかりとのこと。そういや周りを見渡せば、都営住宅だらけだわ。テイクアウトにする年寄り客もいるという。

僕もかつてこの近所に住んでいた。
この食堂の至近のマンションに小学5年生のときに引っ越してきて、大学卒業後社会人3年生時分まで、長く住んでいた。そういや小学生のころ、この同じ建物の、隣の食料品屋によく50円アイスを買いにきてたっけ。とはいえ、この食堂のことはまったく記憶になく、まさに灯台もと暗しだった。

お店の名前は「とくだな」。看板に「割烹」の文字がある。そういや厨房に立つ親父さんはひときわ真白く糊が効いた調理用白衣を身にまとっていた

場所は我が町足立区は竹ノ塚の旧日光街道沿い。
お店の名前は「とくだな」。看板に「割烹」の文字がある。そういや厨房に立つ親父さんはひときわ真白く糊が効いた調理用白衣を身にまとっていた。

もともとは食堂というよりは、割烹料理店だったのかもしれない。見たところ、建物2F、3Fが大広間のよう。再訪したときにでも、もう少々尋ねてみよう。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1478-32b3fc7a
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。