--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1486-1592b73a
2013
08/03
Sat

のっけからの砂利道で、これが噂の「酷道」かと小赤沢温泉入湯断念が頭に浮かんだおれ様

のっけからの砂利道で、これが噂の「酷道」かと小赤沢温泉入湯断念が頭に浮かんだおれ様。
しかし、これは単に工事中でのこと。


長野県栄村・秋山郷の秘湯、小赤沢温泉へ酷(国)405を走って行った(1)

長野県栄村・秋山郷の秘湯、小赤沢温泉へ酷(国)405を走って行った(2)

長野県栄村・秋山郷の秘湯、小赤沢温泉へ酷(国)405を走って行った(3)

長野県栄村・秋山郷の秘湯、小赤沢温泉へ酷(国)405を走って行った(4)

すぐさま舗装路に戻り、安心したのも束の間。軽自動車と見紛う小ささの我がVWポロ号ですら時折り道幅がギリギリとなり、たいていは片側が崖な、舗装はやっぱりガタガタな、酷道だったとさ。

道幅があればなんてことないが、道幅がないときの崖際にはいかにも貧弱な白いポールがぽつんぽつんと間隔を開け、申し訳なさそうに立つのみとか、怖すぎるだろ。

路面中央にはひび割れが走り、崖側半分は崖のほうへ傾斜していた。

酷道の酷道と言われるがゆえの真に酷な状況こそ、写真におさめようにもおさめられず、その苦悩に苛まれる僕であった。

そんな酷な道が山斜面に沿ってうねうねと。カーブのたびにハンドルを右に左に。
それこそジェットコースターのように下ったり登ったり、そのたびにアクセルをオフ・オンした。

小さい身なりなくせに気を許すと大食いしまくる我がポロ号。酷405に入る手前のJA系GSでガソリンを1000円分、追加投入したのは大勝利だった。

「赤い温泉 楽養館」

津南から栄村に通じる国117から国405で小赤沢温泉まで、距離にして20kmちょっと

津南から栄村に通じる国117から国405で小赤沢温泉まで、距離にして20kmちょっと。

しかしどっぷり1時間かかってしまい、着いたのは小赤沢温泉・楽養館さん閉館の30分前

しかしどっぷり1時間かかってしまい、着いたのは小赤沢温泉・楽養館さん閉館の30分前。

与えられた30分間をフルに使って、「赤い温泉」を味わったのでした

与えられた30分間をフルに使って、「赤い温泉」を味わったのでした。

意外と湯ざわりはさらりとしていた。
ほんのり鉄の香り、ほんのり塩味。ぬる湯だった。

1時間でも足りない、2時間くらい居たい、素敵な温泉だった。
あまちゃんを観てすぐに東京を発てば良かったんや。激しく後悔した。

係のおじさんに予め了承をもらい、建物脇で車中泊をさせてもらうことにした

日が暮れて暗がりの中、あの酷道を走る勇気はなかった。
係のおじさんに予め了承をもらい、建物脇で車中泊をさせてもらうことにした。

さらに「ぐるっと丸ごと栄村100kmサイクリング」の会場まで1時間で行ける林道を教えてもらった。
なんでも聞くところによると、係のおじさん方は国405を使わないらしい。

あまちゃん総集編を見ながらうつらうつら

サイクリングのスタート時刻は7:00。その準備を見込んで6:00すぎには着けるよう、iPhoneのアラームを5:00に設定。あまちゃん総集編を見ながらうつらうつら。タオルケットを被り、トコトコと道端の岩清水の流れる音をぼんやりと聞いていたら、意識がなくなった。

タオルケットがはだけて、寒くて、何度か目が覚めた。ふと空を眺めると満天の星だった。

c.f. 秋山郷観光協会/宿泊案内-小赤沢地区
c.f. ああ いい湯だな!小赤沢温泉・楽養館 秘湯・立ち寄り湯300


大きな地図で見る

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1486-1592b73a
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。