--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1533-f4e61df2
2013
11/07
Thu

北区田端の宋湯さん(1)

田端駅目の前の道路を、山手線内側に歩き、最初の信号をすぎてすぐ左折するとそこに宋湯さんがありました。

公称では駅から徒歩5分。実際は3分ていど、駅近銭湯です。


北区田端の宋湯さん(2)

会社帰り、宋湯さんに「おでかけ」したのでした。

北区田端の宋湯さん(3)

先頭部分は平屋コンクリ造。ご主人に伺ったところ、昭和40年代にそれまでの木造からコンクリ造に建て替えたとのことです。

北区田端の宋湯さん(4)

コンクリ造への建て替えは都内銭湯でも先駆け的だったとのこと。
なお、創業は昭和20年代のことだそうです。

フロントのご主人に湯銭を払い、お遍路帳に押印してもらって、脱衣場に足を踏み入れた僕は驚きました。その直線を基調とした、真白く清々しい空間に。

さながらそれは修道院かのよう(行ったことないけど^^;)。

北区田端の宋湯さん(5)

北区田端の宋湯さん(6)

北区田端の宋湯さん(7)

北区田端の宋湯さん(8)

北区田端の宋湯さん(9)

風呂場だって、もしも北欧に公衆浴場があったとしたら、こんな感じだろうと思わせる体でした。その色合いは脱衣場と同様に柔らかな白色でした。

北区田端の宋湯さん(10)

壁から天井の隅々まで、カビや埃によるくすみなど皆無。

とくに天井がまっ白なことに僕は驚きました。柄の長いデッキブラシを使ってのこすり掃除がそれはもう大変だと、ご主人は笑いながら申しておりました。

北区田端の宋湯さん(11)

床もつるつるぴかぴか、掃除が隅々までゆきとどいていました。

北区田端の宋湯さん(12)

男湯のペンキ絵はアルプス湖畔でした。女湯は?と見てやれば、それは洋から和へ一転して、富士山でした。

お湯は半分井戸水、半分が水道水とのことでした。井戸水の軟水度合いが濃いのか、石けんの泡立ちが素晴らしかったし、洗いあがりの肌はヌルヌルしていました。

深風呂の湯が熱く、心地よかったです。肌がピンク色に染まるまで入ってしまいましたよ。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1533-f4e61df2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。