--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1573-5fe66548
2013
12/31
Tue

小桜湯さん(足立区千住仲町)

小桜湯さん(足立区千住仲町)
ビル銭です。しかし、ビル銭出始めの頃のビル銭ではなかろうか。天井がすごおく高いのです。
風呂場奥の風呂絵ならぬタイル絵がまた圧巻。床からその高い天井までタイルがぎっしり貼られています。絵は富士山ではなしに、月夜の下、全裸で戯れる女性2人(男湯)。艶かしいです。斬新すぎです。

浴槽の底にもこれまたタイル絵。熱帯魚が泳いでいます。女湯との敷居にはなんとオバQやら鉄腕アトム。子供、狂喜乱舞。我々オトナには著作権・商標権・コンプライアンスやらめんどくさいことを徹底無視できた大らかな時代がそこにあったのだと、思わずにはいられません。

まちがいなくこれらタイル絵は職人さんが手作業でポチポチ貼っていったのだなあ。その様子を想像すると、小桜湯さんのこの風呂場がなんとぜいたくな空間か、感動で自然と目から汁が垂れてきますですよ。

風呂の種類もバラエティに富んでいます。バイブラの沸く浅風呂、座風呂を備えた深風呂、水風呂。サウナはなんと乾式・湿式両方あります。しかも無料です。僕が好きなのは湿式のほう。外壁に沿ってある湿式サウナの奥行きは長く、風呂場の奥行き2/3くらい。暗がりの中、奥に進めば進むほど蒸し蒸しして、もうたまらんのですよ。


明美湯さん(足立区梅田)

明美湯さん(足立区梅田)
プールがあります!全裸で泳ぐ平泳ぎの心地よいこと、圧力・しがらみから解き放たれた感じがします。オトナになっても、新たな発見がここ明美湯さんではできることうけあいです。夏、日がまだ高いときに行くと子供が泳いでいたりして、その遊ぶ様子を眺めるのもいとおかしw ただし、このプールは男湯のみ…女性のみなさん、すみません。

明美湯さん、もうひとつのウリが「人工二股温泉」。なんでも湯を鉱石に通しまくって、湯を温泉同等にするのだとか。ごつい機械がフロント脇にあります。僕にはたしかに湯がすこぶるまろやかに感じます。肌に染み入る感じすらします。これが絶妙な温湯でついつい長湯してしまうんですよね。

さらに以前は泥湯があったんですよね…この泥湯の浴槽がふつうの家のポリ浴槽で、楽しかったなあ。今はポリ浴槽はそのままに薬湯になってしまいました。

白湯のお風呂、ありますよ。「人工二股温泉」がぬる湯に対し、こちら白湯はこってり熱めの湯です。

無料でサウナに入れます(湿式)。もちろん水風呂があります。プールとは別に、そしてプールよりも断然冷たい、オトナの冷たさです。

今年の足立の花火は明美湯さん脇の路地から眺めました

今年の足立の花火は明美湯さん脇の路地から眺めました。視界が開けていて、大迫力の花火を堪能しました。
この場所で見ることを予定していなかったため、風呂道具は持たず…明美湯さんに入ることなく、帰宅…。

岡田湯さん(足立区関原)

岡田湯さん(足立区関原)
2011年3月にリニューアルオープン!真白い、おしゃれなデザイナーズ銭湯に生まれ変わりました。
2014年になろうとしている今でも、足立区でいちばん新しいお風呂屋さんです。

上階に居住階などなく、完全にビル銭ですね。前述の小桜湯さんと同じく天井が高いです。檜湯はほのかにひのきの香りを感じます。湯は熱め。斜向かいにあるバブルジェットバスはぬるめ。まんま壺のお風呂は水風呂。熱め、ぬるめ、水。バラエティに富んだ温度の湯を楽しめることが名銭湯・名お風呂屋さんの条件のひとつ、とは私の持論です。男湯には露天風呂だって、ありますよ。

岡田湯さんはロビーがまたイケてるんですよね。
天井は風呂場と同じくらい高く、ロフトがあります。畳敷きの小上がりではあぐらをかいて寛げます。「LINN MAJIK DS、シアター&LINN SEKRIT DS-I、COSTOM2K104を導入」しておられるとのこと。DVD上映会や音楽鑑賞会も開催しているようですね。

岡田湯さんサイトには「バージョン3.0に発展させていくことこそが私の仕事なのかもしれません。私は決心しました…街中の銭湯が次々と廃業してゆく状況のなかにあっても、銭湯の魅力をさらにアピールしてみなさまに愛され続ける施設で在りつづけたい」、そう書いておられます。意気込みが感じられる、オススメのお風呂屋さんですよ。


c.f. 岡田湯
c.f. 石橋剛のブログ: 岡田湯竣工
c.f. Sound Create Times  足立区 岡田湯様ご納品

【補足】新三大・東京の銭湯!!!を決める! 銭湯・奥の細道(東北の銭湯巡り)の趣旨に賛同して、このエントリの一部抜粋をコメント欄投票した次第です。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1573-5fe66548
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。