--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1577-b9f4553d
2014
01/04
Sat

自転車・クルマ、ときには歩きやジョギングで使っている道路。にもかかわらず、ここ投込寺こと浄閑寺に来たのは初めて

1/2(木)、荒川区東尾久・ニュー恵比寿さんの初湯のあとに寄った。

すぐ隣を走る国道4号線はそれこそ何十年も前から、自転車・クルマ、ときには歩きやジョギングで使っている道路。にもかかわらず、ここ投込寺こと浄閑寺に来たのは初めて。


「生まれては苦界、死しては浄閑寺」。浄閑寺とはこういうお寺

「生まれては苦界、死しては浄閑寺」。浄閑寺とはこういうお寺。

「生まれては苦界、死しては浄閑寺」、投込寺こと浄閑寺(1)

「生まれては苦界、死しては浄閑寺」、投込寺こと浄閑寺(2)

「生まれては苦界、死しては浄閑寺」、投込寺こと浄閑寺(3)

新吉原総霊塔と文豪永井荷風文学碑を見てみますかね…。

「生まれては苦界、死しては浄閑寺」、投込寺こと浄閑寺(4)

「生まれては苦界、死しては浄閑寺」、投込寺こと浄閑寺(5)

「生まれては苦界、死しては浄閑寺」、投込寺こと浄閑寺(6)

お墓である。

新吉原総霊塔は本堂の真裏にあった(1)

新吉原総霊塔は本堂の真裏にあった。新年早々から、掃除に励む方がおられた。GRD3を手にする僕に「写真?撮りな、撮りな」と掃除の手を休めて、おっしゃってくれた。ありがたく、パチリパチリと。

「写真、撮ってもいいもんなんすかね…」と僕がいうと、「いいんじゃないのー」。パチリパチリ。

新吉原総霊塔は本堂の真裏にあった(2)

空に雲は少なく、日差しがあった。しかし、時は正午を過ぎていて、日は西の方。西には国道4号線に沿って、薄っぺらいマンションが高くそびえ立っていた。日のあたらない総霊塔は空気がひんやりと冷たく、暗かった。

僕はGRD3のWBのデフォルト設定を-0.7から-0.3に上げた。

新吉原総霊塔は本堂の真裏にあった(3)

新吉原総霊塔は本堂の真裏にあった(4)

お供え物を見て、なにやら悲しい気持ちになった。

新吉原総霊塔のすぐ真向かいに永井荷風文学碑があった(1)

新吉原総霊塔のすぐ真向かいに永井荷風文学碑があった。

新吉原総霊塔のすぐ真向かいに永井荷風文学碑があった(2)

新吉原総霊塔のすぐ真向かいに永井荷風文学碑があった(3)

やけにこじんまりしていた。

そういや僕も小学生のころは正月はもっぱら母親の実家で過ごしていて、年が明けたら墓参りをしていたな、と。そんなことを思い出した

そういや僕も小学生のころは正月はもっぱら母親の実家で過ごしていて、年が明けたら墓参りをしていたな、と。そんなことを思い出した。

歩きながら、墓石に刻まれた戒名や没年・享年を眺めた。「昭和拾九年」やら「昭和廿年」が多く見られた。「二才」とか見つけてしまうと泣けた。没年が平成の年になると死んだ人はやはり80才、90才オーバーが多いのな。

「他人にやさしく」か…やさしくしてもいいけど、程度があるよ

「他人にやさしく」か…やさしくしてもいいけど、程度があるよ。他人からのやさしさを当然のように思い、そのやさしさに全力で甘え、もたれかかってくるのが、たとえば僕が去年まで10年つきあってきた低学歴専門卒のような人並み以下の連中だ。

やさしくするなら、まず人を見ろ、と言いたいね。
クズにやさしくする必要なんてないよ。ましてや、職場の同僚のような「他人」なら。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1577-b9f4553d
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。