--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1579-3f87ccd8
2014
01/06
Mon

北区堀船の橘湯さんの日曜朝湯は驚きの早さ、7:00からですよ

朝湯をされている銭湯には、ありがたく朝湯の時間に訪ねよう。これ、ちょっとしたマイルール。

昨日、1/5(日)に行った。BD-1で行った。


橘湯さんの入り口が、路地というか、私道に面していた

橘湯さんの入り口が、路地というか、私道に面していた。
銭湯は建物が大きいからといって、広い道に面しているわけではないという典型。

橘湯さん西側にはすぐ家。その家を抜けると、梶原銀座商店街

橘湯さん西側にはすぐ家。その家の脇道を抜けると、梶原銀座商店街。

梶原銀座商店街からは、電信柱が入り口にすぐ立つこの脇道を抜けると…

梶原銀座商店街からは、電信柱が入り口にすぐ立つこの脇道を抜けると…

橘湯さん入り口に出くわすというわけ。北側、東側は軽自動車1台だけが通れるような細い道。僕は商店街からのこの脇道が見つけられず(見つけられるわけがないw)、北側、東側の細い道を伝って入店という次第

橘湯さん入り口に出くわすというわけ。北側、東側は軽自動車1台だけが通れるような細い道。僕は商店街からのこの脇道が見つけられず(見つけられるわけがないw)、北側、東側の細い道を伝って入店という次第。

朝湯をしてくださっていて、それが7:00-12:00。7:00からというのが驚き。城北では台東区御徒町の燕湯さんに次ぐ早さの開店時刻ではなかろうか

朝湯をしてくださっていて、それが7:00-12:00。7:00からというのが驚き。城北では台東区御徒町の燕湯さんに次ぐ早さの開店時刻ではなかろうか。

とはいえ、僕が橘湯さんに着いたのは10:45のころ。
寒さで朝起きられない。あいかわらず二度寝してしまい、結果として1日が短くなるから辛い…。

着いて、湯銭を回数券で支払い、お遍路帳に押印してもらうなりしたら、脱衣場で慌てて脱衣。10:55から11:50まで、テキパキとカラダ・髪を洗い、風呂にはゆっくりじっくり浸かりましたよ。

閉店時刻前には速やかに退店。お遍路さんの心得です。

お風呂は荒川区東尾久のニュー恵比寿さんをそのまま縮小したかのよう!
奥から脱衣場入り口まで張り出した風呂。その風呂は奥に寝湯やら座ジェットを備え、脱衣場入り口近くには深風呂でやはり熱い。そして滝のように湯が落ちる排水口はまんまニュー恵美須さんのそれ。

さすがに露天風岩風呂はなかったものの、湿式サウナはあり。これがなんと無料。
「ジュビナバス」までありましたよ!

「ジュビナバス」とはこれのこと

「ジュビナバス」とはこれのこと。

橘湯さん、ニュー恵美須さんのジュビナバスはもっと覆われ感があって、噴出口も多数だけどね。そして、橘湯さんとニュー恵比寿さんのジュビナバスは水しか出ないという。壁にあるボタンを押すと30秒ていど、ひんやり冷たい水が噴出する。

梶原銀座商店街(1)

どうやら湿式サウナに対する水風呂の役割のようで。もちろん、風呂の湯でほてったカラダのクールダウンにも最適。僕には常識的に冷たい水温の水風呂よりも、こちらのジュビナバスのほうがキーンと冷える感じがしますね。水風呂に浸かるときよりも気合いを入れましたよ。

梶原銀座商店街(2)

「ジュビナバス」とは僕はあまり聞き慣れなくて、どうやらというかやはりというか、関西の言い方らしい。この手の「ボックス内立位、ほぼ360度シャワー」は都内銭湯でも見かけないということはなく、僕のお遍路直近では台東区元浅草(東上野)の日の出湯さんかな。

でも、都内銭湯のこれは湯が出たり、湯と水を調節できるね。水だけ噴出するのは珍しい。

梶原銀座商店街(3)

女将さんにニュー恵美須さんとお風呂がそっくり!と伝えると、「あらそうなの?作った業者さんが同じなのかもしれないねえ」とのこと。とくに関西の方が上京されて、というわけではないらしい。

梶原銀座商店街(4)

通常の閉店時刻が24:00で、掃除やら店じまいをしていると寝るのがどうしても明け方4:00になるとおっしゃっていました。それで日曜は7:00からというから、感服です。

 

2/2(日)がレモン湯。3/2(日)がラベンダー湯。北区のお風呂屋さんでは月の初めの日曜日はきまって薬湯なのかな。この日、小学生以下は無料とのこと。お子さん連れには至極お得。

日曜日は、前述のとおり、ここ橘湯さんの朝湯の日。この薬湯は昼間の湯からだそうで(朝湯は白湯)、要注意。

梶原銀座商店街(5)

橘湯さんへは都電荒川線で行くと便利。梶原駅から明治通りをすぐ渡り、北に向かって伸びる梶原銀座商店街をふらふら見て歩けば、着いてしまう。梶原銀座商店街入り口に構えた和菓子屋「菓匠 明美」が、年賀の品を求めての客だろう、えらく混んでいた。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1579-3f87ccd8
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。