--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1633-79b23070
2015
01/15
Thu

首里城のある那覇市から、沖縄市コザの中の湯まで銭湯ジョグ

距離にして、20km弱だった。


見知らぬ土地、雨中のジョグの過酷さは異常。幾度となく、走るのをやめようと思った(1)

見知らぬ土地、雨中のジョグの過酷さは異常。幾度となく、走るのをやめようと思った(2)

走り始めに降り始めた雨は、じきにやんだ。
見知らぬ土地、雨中のジョグの過酷さは異常。幾度となく、走るのをやめようと思った。

石敢當は、石敢當などの文字が刻まれた魔よけの石碑や石標

『石敢當は、石敢當などの文字が刻まれた魔よけの石碑や石標。石敢当、泰山石敢當、石敢東、石散當、石散堂、石厳當と書かれたものもある。中国で発祥したもので、日本では主に沖縄県や鹿児島県で見かける』
石敢當 - Wikipedia

『魔除けの石碑。泰山石敢當。直進しかできない魔物が丁字路や三叉路などで突き当りの家屋に侵入するのを防ぐため、その突き当りに置いて魔物をぶつけて消し去るためのもの。一般には壁面に直接貼る表札タイプの石標が広く普及しているほか、土産物にもなっている。中国南部の泰山府君信仰に端を発し、日本では沖縄と鹿児島に多いが、右の動画のとおり関東など各地にも少数ながら存在する。地域によっては「いしがんどう」「せっかんとう」などとも読み、表記も字形や音の似た別字をあてた「石敢堂」「石敢東」「石厳當」「石散當」などがある』
石敢當とは (イシガントウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

こういうことも調べずに沖縄に来た。

石室の群れは沖縄の墓地で、無知で無職な僕には異様に思えた(1)

石室の群れは沖縄の墓地で、無知で無職な僕には異様に思えた(2)

石室の群れは沖縄の墓地で、無知で無職な僕には異様に思えた。
走るのをやめたとして、沖縄市に向かうにしても、那覇市に戻るにしてもその場所からの交通手段について、皆目見当がつかなかった。無収入の無職にとって、タクシーはOut of 眼中である。

ただ知り得ていたのは沖縄市中心部から那覇市中心部まではバスがあるということ。やはり走り続けるほかなかった。

鉄条網の向こうにアメリカがあった(1)

鉄条網の向こうにアメリカがあった(2)

鉄条網の向こうにアメリカがあった(3)

鉄条網の向こうにアメリカがあった。
鉄条網の向こうにいたパツキンの子供に手を振ったら、返事してくれた。うれしかった。

そして、沖縄市入り

そして、沖縄市入り。沖縄の地は思いのほか起伏があった。これも脚に堪えた。

コンクリート打ちっぱなしというとオシャレ感を想起させるが、ここ沖縄ではなぜか廃墟感を感じさせた

コンクリート打ちっぱなしというとオシャレ感を想起させるが、ここ沖縄ではなぜか廃墟感を感じさせた。

Opticalとあるだけにメガネ屋さんであろうか

Opticalとあるだけにメガネ屋さんであろうか。
営業しているのか、廃業済みなのだろうか、一見してわからなかった。

曜日にして月曜日の国道330号線

曜日にして月曜日の国道330号線。サンサン通り。時刻はお昼前の11:45頃。閑散としていた。

この週末に沖縄市長選を控えていた

この週末に沖縄市長選を控えていた。

中の湯さんの詳細な場所は調べてこなかった。聞き込みのため、銀天街通りをうろつくことにした

ヘトヘトになって、コザ十字路に着いた。3時間かかった。
中の湯さんの詳細な場所は調べてこなかった。聞き込みのため、銀天街通りをうろつくことにした。

銀天街通りはメッセージに満ちていた(1)

銀天街通りはメッセージに満ちていた(2)

銀天街通りはメッセージに満ちていた(3)

銀天街通りはメッセージに満ちていた(4)

銀天街通りはメッセージに満ちていた(5)

銀天街通りはメッセージに満ちていた。だが進むほどに、人気はなくなっていった。

だが進むほどに、人気はなくなっていった(1)

だが進むほどに、人気はなくなっていった(2)

だが進むほどに、人気はなくなっていった(3)

銀天街通りから外れたら、さらに人に会う可能性がゼロに近づいたように思えた。街がこの様相であれば、ひょっとしたら僕の知らないうちに、中の湯さんは潰れてしまったのかも…不安になってしまった。

今来た道を、銀天街通り入り口にあった惣菜屋さんまで戻った

今来た道を、銀天街通り入り口にあった惣菜屋さんまで戻った。

げんこつ大の大きさのサーターアンダギーを2個買い求めつつ(1)

げんこつ大の大きさのサーターアンダギーを2個買い求めつつ、ご主人にそもそも中の湯さんは営業しているのか、営業しているのであればその場所を、と尋ねてみた。

げんこつ大の大きさのサーターアンダギーを2個買い求めつつ(2)

げんこつ大の大きさのサーターアンダギーを2個買い求めつつ(3)

ご主人曰く、中の湯さんは営業中とのこと。場所もていねいに教えてくださった。

わけなく中の湯さんに辿り着いた。おばあが2人、入り口前のベンチで語らっていた

そして、わけなく中の湯さんに辿り着いた。おばあが2人、入り口前のベンチで語らっていた。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/1633-79b23070
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。