--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/334-2ce532b7
2008
08/22
Fri

080822_01_club-onsen-in-osaka.jpg

組合の会合で大阪にきた。
午後まるまる使って、今年度の総括と来年度の方針を話し合う。かれこれ3年ほど関わってきたけれど、具体的になにかしてきたのかな、できてきたのかな。我々の労働環境は良くできたのかな、良くなってきたのかな。とかく「報告しろ」「参加しろ」と言われ、応じてきた。アタマでっかちになってイロイロ考えはするけれど、その次の行動が伴わない。伴っていないことすら気づいていない。まさにこの業界の縮図。

ブログを書くならBlogWrite

そのあとの懇親会は1次会だけでそこそこに、せっかく大阪にきたのだからと銭湯へGO。
それがこちら、「クラブ温泉」さん

080822_02_club-onsen-in-osaka.jpg

それにしてもすんごい名前。
JR天満駅からすぐそば、スナックがぽつぽつと点在し、スナックから沢田研二の「勝手にしやがれ」が聞こえてくる、そんな路地にひっそりありました。

080822_03_club-onsen-in-osaka.jpg

入り口にデーンと構えるタバコの自販機。さすが大阪や、健康増進法なんか糞食らえや!

一方、磨りガラス越しに伺いしれる脱衣場の風景。
そう、目隠しがないから引き戸を開けると裸体が見えちゃいますw 見えちゃうんだから、これはもう仕方がないです。それにしてもですね、カラダの線はだらしなくゆがみ、そして重力に従って垂れ落ち、黒々もさもさしていますた…

設備は打たせ湯、ジェット湯、歩行湯、電気湯、塩湯、サウナ、水風呂と絢爛豪華。
配置はいわゆる関西式。男湯女湯のしきい沿いに湯船がならび、その向かいにカランが並ぶ。カランが東京では上から押す形状だけど、ここでは壁に向って押す形状でちょっと驚き。どうやらこれも関西式だそうな。

入り方も微妙にちがう。東京では湯船に入る前にカランでかけ湯をしたり、軽くカラダを洗うけれど、関西では湯船から湯をとりかけ湯をするそうな。こちらでは湯船でかけ湯はおろか、そのままヒゲを剃ったり、カラダを洗うおっさんを目撃することができました(これはさすがにマナー違反らしいw)

サウナがですね、なんと中二階と言うか壁面にへばりつくように小部屋がこしらえてあって、そこまでらせん階段を上っていく構造。らせん階段といえば、デザイナーズマンション必携のおされアイテム。しかしここではサウナに入るために真っ裸のおっさんが、ナニをぷらんぷらんさせながら上がっていく…これはシュールだった。自分ももちろんらせん階段を上ったけれど、これがグラグラして怖いのなんのって。

湯は総じてぬるめ。カラダがとろーりふやけるまで長居しました。満喫です♪
雰囲気はまさに昭和。ほこりのかぶった置物、極楽色の造花、無造作に並ぶ常連客の荷物、年季の入った床板、色あせたポスター。よかった。。。

080822_04_tenmabashisuji-shotengai.jpg

帰りは日本一長い商店街、天満橋筋商店街を歩いた。
もう日が変わる時刻だったからシャッターだらけだったけれど、勢いというかノリは感じられた。

今度はプライベートで来たいな、BD-1でポタリングだな。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/334-2ce532b7
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。