--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/731-8ca38376
2010
01/09
Sat

開店は11:00、その2時間前の9:00に待ち合わせた

大学時代の友人Fくんに誘われ、ロイドフットウェア銀座の初売りセールに臨んでみた。

開店は11:00、待ち合わせはその2時間前の9:00にした。
僕が9:00ジャストに着くと、Fくんだけがいた。1番のりだったw

去年かおととしだか、Fくんが以前臨んだときは1時間前に着いて、もう10人ほど並んでいたとのこと。
ならばと、2時間前から並んでみることにしたのが効を奏した。

ブログを書くならBlogWrite

向かいにはシップス

2時間、2人で立って開店を待った。

新年、お互いどんなことを過ごしたかを話した。僕は2日にサーバ起動作業で家に帰れず、3日はそのまま秋葉原に行ったり、浅草を歩いたりした。Fくんはお得意先が大学をはじめとする学校法人だけに、ここ数年の正月の過ごし方はもっぱら箱根駅伝とのこと。今年も大手町へ応援に出向いたそうな。お疲れさま。

そして、この日は高校サッカーの準決勝でお得意様の高校が競っていて、とても気になるご様子だった。

あとは…
サークルのマドンナ(死語)に二人目の赤ちゃんが生まれたんだよ。
なんでそんなこと知ってるんだよ?
年賀状がきたんだよ。
家族ぐるみのつきあいかwww
んなこたーないからwww
…とかとか。

マドンナ(死語)さん、今振り返ってみてもかわいかったなぁ。
でも、タバコを吸ってるのを目の当たりにして一気に幻滅したんだよね。

向かいにはシップス。
シップスも開店が11:00。あわただしく開店準備をする店員さん。
僕はずいぶん前にこのシップスで紺のジャケットを買った。

ふと、おもむろに後ろを見渡すと5~60人の長蛇の列で唖然。
まぁ、なんだかんだで2時間なんてあっという間。11:00をやや過ぎて、マッキントッシュのコートに身を包んだ店員さんの「お待たせしました」のひと言で、僕らをはじめ、並んでいた客が店内に一斉になだれ込んだ。

EdwardGreen dover(1)

Fくんが狙っていたという、エドワードグリーンのDover。
寸前で他の客にさらわれたとのこと。いちばん乗りが無惨に散った瞬間。

EdwardGreen dover(2)

エドワードグリーンはまさに「工芸品」。上質な皮、均一に手縫いされたステッチ、丁寧に刻まれたコバ。
繊細さは英国靴の真骨頂か。お値段はかるく10万円を超す。

これを履いて、街を闊歩するだなんて、僕にはできない。
降った雨で濡れるし、満員電車じゃ、おっさんの履く流通センター謹製の合皮靴で踏んづけられるんだぜ。まちがいなく発狂ものだ。

僕はこのセールにヤフオクに出品する商材目当てに臨んだ。予算は10万円。
狙いはストレートチップ、レザーソールのシンプルな靴。サイズは7か7 1/2。僕が履けるサイズ。
色は最初は薄茶を考えていたが、Fくんの「より汎用性を求めるなら黒だよ」とのアドバイスがあって、黒をターゲットにした。

しかし、店内はひどい混雑で、客の争奪戦にあっけにとられてしまった。品を見るより、そっちが気になってしまったw

Fくんも後に話していたが、客連中に靴に興味があるようにはとうてい見えなかった。
かといって、家電製品の初売りに見られるようないかにも三国人という風情でもなく。あの方々はどういう類の方なんだろう。不思議すぐるぜ。

さすがロイドフットウェアだけあって、シンプルなストレートチップは数種類あった。その中には黒もあった。
ただレザーソールでなく、ダイナイトソールだった。

それは気になる値段が3万ちょいだった。ちょっと高く感じた。
ヤフオクに出したとして、3万円を越える価格で落ちるのか?ロイドフットウェアという名前はそれほどまでのネームバリューはあるか?アタマをフル回転させて考えた。

やめておいた。

個人的にほかにチャッカブーツが気になった。
僕はチャッカブーツが好き。オンにもオフにも使えると思っている。すでに2足持っている。2足ともアルフレッドサージェント。ソールもそれぞれ1度駄目にして、ダイナイトソールかつダブルソールに張り替えた。ボリューム感が増して、気に入っている。
張り替えをお願いしたのはここ、ロイドフットウェアだ。たしか2足で3万円くらいした。

Alden chukkaboots(1)

でも、ゆくゆく履きたいのがオールデン。コードバンのバーガンディ。ビギン君垂涎の逸品。

Alden chukkaboots(2)

ロイドフットウェアを出て、ビームスとシップスに寄った。
おもむろに手にとり、眺める。

エドワードグリーンとはちがって、「工芸品」とは感じない。
実用の品、「道具」に思えてならない。皮は上質で、ステッチもコバも丁寧なつくりではあるが、そこに感じるのは大胆さ。アメリカのゆるく、ダルな空気。

うん、僕はオールデンがいい。
スーツよりも、ジャケパンスタイル、チノやウールパンツに合わせやすいオールデンがいい。

表参道へ移動、青学の学食でランチ

丸の内まで歩き、東京駅から丸ノ内線&半蔵門線を駆使して表参道へ移動。

僕の提案で青学の学食でランチ。僕の貧乏性にFくんはつきあわされたという体で。

2人して選んだのは「表参道」なる定食。
高菜チャーハンと揚げ物、豚炒め、野菜とみそ汁で400円。バリューセットよりもバリュー。

となりの席には女子大生。とりたてて可愛くはなかったが、いい雰囲気だった。

VULCANIZE London

表参道までやって来たのはVULCANIZE LONDONなる、英国ブランドの聖地とも言えるショップ訪問のため。
衣類はマッキントッシュやジョンスメドレー、傘はFOX、鞄はグローブトロッターを扱うと聞いていた。

F君はこのショップに寄るかもということで、バブアーのコート、デンツの手袋を擁していた。

VULCANIZE LONDON (公式)
青山に英国ブランドの聖地「ヴァルカナイズ・ロンドン」オープン-Fashionsnap.com

そう、Fくんは英国好き。
大学で出会ってドクターマーチンのブーツを履いていた。途中、アニエスベーに浮気をしたものの、ポロラルフローレンのショップ店員バイトで再び開眼して、今に至る。素敵だ。

一方で僕はフラフラとしている。どちらかといえばアメカジ、なのかな。
今は自転車に乗るようになったからか、冬はもっぱらパタゴニアのアウター、下はユニクロのボディテック(大昔に廃盤)のナイロンジャージ。夏はてきとうなTシャツでお茶を濁している。

デュラエース79のブレーキシューを買った

セールやらショップ巡りで1日をすごしたF君と僕。

結局、買い物といえば、僕が有楽町のビックカメラで買ったシマノDURA-ACEのブレーキシュー2組だけだった。それもまた善きこと哉。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/731-8ca38376
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。