--
--/--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/815-3c779f70
2010
04/25
Sun

4/25(日)の走行ルート、総走行距離は79.66kmだった

4/25(日)の走行ルート、総走行距離は79.66kmだった。

荒川江戸川を走ってからというもの、平地でなく坂を上ってみたくなった。
そこで見つけたのがこのルート↓
[Cycling Courses] 東武日光線栃木駅から琴平山、唐沢山、大平山を巡る サイクルベース名無し:自転車レビューサイト

ブログを書くならBlogWrite

ポロ号にラバ号を積み、やってきたのは道の駅「思川」

ポロ号にラバ号を積み、やってきたのは道の駅「思川」

足立区を11:30に出発。ひたすら日光街道を走り、途中国道50号線に右折。たったの1時間半ちょいでついた。別にかっとばしてきたわけでなく、いつもどおりののんびり運転で。これも大袋あたりからの新4号バイパスのおかげ、ありがたや。

しかし、この時すでに13:45。
あいかわらず朝が弱い…6:00に起きて、7:00に出発。9:00から走り始めるだなんて、そんなことを考えていたのは昨日のおいらだが、アホすぎる。死んでしまえばいいのにw

広域農道を使って、栃木駅へ向かった

そそくさと準備をしてひとまず向かったのは、栃木駅。

広域農道をひた走った。農道なので、農作業車が優先。その農作業車が走ってぼとぼと落とした泥の塊がいたるところに落ちていた。鋪装は素晴らしいの一言。しかし、この泥の塊があって、踏めば余裕でハンドルをとられてしかたない。できるだけ避けて走った。

道の駅「思川」から9kmを走って栃木駅についた

道の駅「思川」から9kmを走り、栃木駅についたところでEdge705のナビゲート機能をスイッチオン。

思いがけず見つけたのは玉川の湯、またの名を金魚の湯とか中将湯とか

Edge705がナビゲートするルートになかなかたどり着けず、栃木駅周辺をうろうろ。

思いがけず見つけたのは玉川の湯、またの名を金魚湯という。
実は玉川の湯さん訪問も今日の目的のひとつ。以前アド街で知って、思い焦がれていた。

☆★☆出没!アド街ック天国☆★☆ 2009年9月19日放送 栃木

そのすぐ裏に水路があって、たくさんの鯉のぼりが泳いでいた

そのすぐ裏を覗けば、川(巴波川(うずまがわ))があって、たくさんの鯉のぼりが泳いでいた。

栃木は「蔵の街」ともいう、とのこと

栃木は「蔵の街」ともいう、とのこと。

蔵の街 | 栃木市観光協会

そうは言っても、ちょっとふりかえれば生活感ある街並みが見られた

そうは言っても、ちょっとふりかえれば生活感ある街並みが見られた。

栃木駅周辺で30分ほど迷うも、なんとか抜け出して15分も走ればもうこんな山の中

栃木駅周辺で30分ほど迷うも、なんとか抜け出して15分も走ればもうこんな山の中にいたりなんかして。

ただ時間はすでに15:00を過ぎていた。日が暮れる前には、走り終えたかった。
予定ルートの総距離は50km、平均25km/hで走れば2時間後の夕方17:00には栃木駅に戻れるな、などと考えながら走った。

そうそう、こういう景色が見たかったんだ

向こうはついさっきまで走っていた栃木駅周辺

そうそう、こういう景色が見たかったんだ!
ただ、このそばにカートサーキットがあって、ヴィーンヴィーンとエンジン音がうるさかったのなんの。

下り始めたところでくろねこが2匹

下り始めたところでくろねこが2匹いた。なかよく日向ぼっこをしていた。
近づけたのはここまで。手を差し出すと、シャーッ!と威嚇された。

上ったら、当然下るわけで

上ったら、当然下るわけで、下ったらそこは葛生周辺だった。

家の近所にできて欲しいコンビニNo.1ことセーブオンを発見

家の近所にできて欲しいコンビニNo.1ことセーブオンを発見。
セーブオンといえば、39円アイスだ。死ぬほど39円アイスに惹かれたが、もうちょっと腹に溜まるものを、とチーズバーガーを補給した。

店内にいた客の女性が美しかった。身長は僕と同じ170cmくらい。スラリとしていた。長い髪を真ん中でわけていた。もちろん色白。面持ちは有名人でいうところの大塚寧々

しかし残念なことに彼氏を連れていた。彼氏は松任谷正隆みたいだった。耳はうすい茶に染めた髪の毛で隠れ、黒ぶち太めフレームのメガネをしていた。身長では負けたが、僕の方がスリムだった。あと服のセンスも僕の方がいいと思う。

そのカップルはひとりチーズバーガーをぱくついている僕をチラ見して、写真左下に写っているアウディTTで走り去っていった。

2番目に上ったのは唐沢山

2番目に上ったのは唐沢山。
いきなりの急坂、つづら折りの道をダンシングで駆け上った。あっという間に頂上で、気がついたら下っていた。

そして最後は大平山

そして最後は大平山。

眼下の線路はJR両毛線の線路

眼下の線路はJR両毛線。

何度か山の中腹の林道とすそ野の生活道路を行ったり来たりした

何度か山の中腹の林道とすそ野の生活道路を行ったり来たりした。
清水寺(せいすいじ)というお寺さんでトイレ休憩&コーラ350mlを一気に飲み干した。

大平山神社、時間がなくてスルーした

大平山神社。ものすごく時間がなく、スルーした。

下ってすぐのところにあったのは國學院大學栃木中・高

下ってすぐのところにあったのは國學院大學栃木高校
学生時代にすっごくよくしてもらったスガワラ先輩(♀)の母校だ。こんな山のそばにあったとは。

さらに下ると、大鳥居がそびえ立っていた

さらに下ると、大鳥居がそびえ立っていた。
そのまま進むと、昼間うろうろして見覚えのある道を走っていた。こういうことがあるから、迷うこともそれほど悪くない。難なく栃木駅にたどり着いた。しかもほぼ計算どおりの17:15だった。

なんとか日が沈む前に道の駅「思川」に戻ることができた

なんとか日が沈む前に道の駅「思川」に戻ることができた。

小山和牛のスタミナ焼き定食にした

道の駅のレストラン「さくら」でひとり打ち上げ会。

メニューを見ながら、ここまでで胃に入れた固形物を思い出してみた。午前中にヤマザキの薄皮クリームパン5個、葛生のセーブオンでチーズパンだけだ。というわけで、ここは豪勢に小山和牛のスタミナ焼き定食にしてみた。

キタ━(゚∀゚)━! 小山和牛のスタミナ焼き定食!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!
おすすめの小山和牛はぷりぷりした歯ごたえで、噛むほど牛肉の味が滲みでてきた。濃厚な味がご飯に合うのなんの。

大盛り、おかわり自由とのことだった

ご飯も地元小山のコシヒカリ。甘かった。
大盛り、おかわりが自由だった。1杯目は大盛りにしてもらい、そしておわかりしたことは言うまでもない。

金魚の湯で汗を流した後、新4号バイパスを使って帰った

玉川の湯で汗を流した後、新4号バイパスを使って帰った。

Please click!...please...
クリックしてくださるとたいへんうれしいです♪更新の励みにもなります。よろしくお願いしますです…

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ

trackbackhttp://dtl.blog.fc2.com/tb.php/815-3c779f70
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。